「ディズニー・ブロードウェイ・ヒッツ」公演レポート

ディズニータイアップ 音楽

“ディズニーミュージカル”主要キャストが来日!ディズニー・ブロードウェイ・ヒッツ公演レポート

投稿日:

ミュージカルの本場・NYブロードウェイの“ディズニーミュージカル”で主要キャストを演じたスター達が来日するコンサート『ディズニー・ブロードウェイ・ヒッツ』。
待望の日本初上陸となる公演が、2019年1月31日、2月1日の2日間にわたり、パシフィコ横浜・国立大ホールにて開催されました。
今回は『ディズニー・ブロードウェイ・ヒッツ』の開幕公演となる2019年1月31日の公演の様子をレポートします☆
 

「ディズニー・ブロードウェイ・ヒッツ」公演レポート

 
「ディズニー・ブロードウェイ・ヒッツ」公演レポート
 
公演日程:2019年 1月31日(木)18:00開場 19:00開演、2月1日(金) 18:00開場 19:00開演
会場:パシフィコ横浜 国立大ホール
 
世界で大注目を集めたコンサート『ディズニー・ブロードウェイ・ヒッツ』の日本初公演が2019年1月31日、2月1日の2日間にわたり、パシフィコ横浜・国立大ホールにて開催されました。
ミュージカルの本場・ブロードウェイでディズニー・ミュージカルの主要キャストを演じたスターたちがこぞって来日し、珠玉のナンバーの数々を披露するこのコンサート。
ゲストシンガーとして、『ライオンキング』『アラジン』『ノートルダムの鐘』で連続主演して一躍“ミュージカル界の宝”となったミュージカル俳優、海宝直人さんが登場!
舞台に勢揃いするのは、『メリー・ポピンズ』メリー・ポピンズ役(オリジナルキャスト)と「『美女と野獣』ベル役のアシュリー・ブラウン氏、『ターザン』ターザン役(オリジナルキャスト)のジョシュ・ストリックランド氏、『ライオンキング』父親・ムファサ役のアルトン・フィッツジェラルド・ホワイト氏、『ライオンキング』ナラ役のキシー・シモンズ氏。
 
関根麻里さん
 
ホストを務める関根麻里さんの軽妙な司会で、会場を訪れたゲストをディズニー・ミュージカルを代表する名作の数々の世界に誘います。
ブロードウェイで活躍する俳優たちが実際に演じた楽曲を歌いあげるこのステージ。
一つの曲の中に作品が持つドラマとメッセージ性が凝縮され、ミュージカル全編を見たような満足感が得られます。
 
場面カット2
 
日米ミュージカルスターの豪華共演が繰り広げられるとあって、客席の期待が最高潮に達する中、『美女と野獣』の「Be Our Guest(ビー・アワ・ゲスト)」のナンバーで華やかなオープニングを迎えました。
『ライオンキング』より、キシー氏がナラ役の代表的なナンバー「Shadowland(シャドウランド)」を歌うと、その後ろには広大なサバンナが広がっているような雰囲気に。
ムファサ役を4308回演じて記録を作ったアルトン氏は「They Livein You(お前の中に生きている)」を。
ターザン役オリジナルキャストであるジョシュ氏が同作品から「Strangers Like Me」「You’ll Be in My Heart(映画版『ターザン』でも主題歌として歌われているナンバー)」を歌うと、日本未上演の作品でもその世界観が確かに伝わっていきます。
大いに沸いたのは『メリー・ポピンズ』からのナンバー。
54年ぶりの続編となる映画『メリー・ポピンズリターンズ』の日本公開も2月1日からと盛り上がる中、メリー役オリジナルキャストのアシュリー氏が同作からのナンバーを歌うのは、観客への素晴らしいプレゼントとなりました。
「Jolly Holiday(楽しい休日) ~ Chim Chim Cher-ee(チム・チム・チェリー)」メドレーに続いて、「Feed The Birds(2ペンスを鳩に)」を表現力豊かに歌い上げるアシュリー氏。
1幕ラストを飾る「Supercalifragilisticexpialidocious(スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス)」では「お客様もご一緒に!」と舞台と客席が一体となる盛り上がりを見せました!
 
海宝直人さん
 
ブロードウェイを代表する実力者たちに引けを取らない見事な歌声を聞かせたのは、ゲストシンガーの海宝直人さん。
海宝さんは『ライオンキング』の初代ヤングシンバ役を務め、のちにシンバ役を演じた経歴を持ち、この公演のプロデューサーであるジェフ・リー氏は、アソシエイト・ディレクターとして日本での『ライオンキング』の幕開けに携わっていました。
海宝さんとの約20年ぶりの再会に喜んだジェフ氏は、スペシャル企画として「I Just Can't Wait to Be King(早く王様になりたい)」と「Endless Night(終わりなき夜)」のマッシュアップ・メドレーを用意。
海宝さんがヤングシンバとシンバの曲を歌い継ぐサプライズ演出に会場もヒートアップしました。
 
場面カット3
 
海宝さんがほかに歌ったのは『ノートルダムの鐘』から「Out There(陽ざしの中へ)」。
決意を秘めた「Proud of Your Boy(自慢の息子)」(『アラジン』より)は力強く表現。
海宝さんが日本語で、アシュリー氏が英語で歌ったスペシャルなデュエット「Can You Feel The Love Tonight(愛を感じて)」(『ライオンキング』より)。
 
場面カット
 
本来は女性が歌うナンバーである「My Strongest Suit(お洒落は私の切り札)」(『アイーダ』より)をジョシュ氏が個性的に歌えば、「Easy as Life(人生の苦しみ)」(『アイーダ』より)をキシー氏が劇的に歌い上げ、アルトン氏が歌う「If I Can’t Love Her(愛せぬならば)」(『美女と野獣』より)は豊潤な響きがありました。
 
舞台を彩るのは45人編成のシンフォニー・オーケストラ。
通常のミュージカルより大編成で生み出す音の厚みにより、ディズニー・ミュージカルの世界に没入感を感じることができました。
ラストを飾るのは2018年ブロードウェイ初演の最新作『アナと雪の女王』よりキャスト全員による「Let It Go~ありのままで~」。
ディズニー・ミュージカルが伝える夢、希望、そして愛、そのすべてが詰まった魔法の一晩となりました☆
2019年1月31日、2月1日にパシフィコ横浜国立大ホールにて上演された、『ディズニー・ブロードウェイ・ヒッツ』のレポートでした。

Copyright© Dtimes , 2019 All Rights Reserved.