ドリンク

ソフトクリームと北海道産品のマリアージュ!北海道どさんこプラザ「“和”って飲むソフトなまま」

投稿日:

北海道どさんこプラザにて、2022年8月より「“和”って飲むソフトなまま」が販売中!

年間10万本以上売れる人気のソフトクリームをドリンクで楽しめます☆

 

北海道どさんこプラザ「“和”って飲むソフトなまま」

 

 

価格:450円(税込)

発売日:2022年8月

販売店舗:有楽町店、池袋店、吉祥寺店、町田店、さいたま新都心店、仙台店

内容量:1杯

 

全国百貨店へ道産品の卸売や北海道どさんこプラザの店舗運営などを行っている北海道百科は、“年間10万本以上”のお買上げがある大人気の「ソフトクリーム」と、店内で販売している「北海道産品」のマリアージュを楽しめる「“和”って飲むソフトなまま」を開発。

2022年8月より有楽町店始めメニュー情報に記載の店舗にて販売中です。

「後味スッキリのミルクソフトだからこそ、溶けやすい特徴を生かした楽しみ方ができないか」という思いから、『北海道どさんこプラザならではのレシピとして、道産品にこだわったマリアージュ・フレーバーで、溶けても美味しい商品を開発したい』『シェークとして持ち歩ける北海道らしいデザインとネーミングで、環境負荷軽減にも配慮したい』の2つのコンセプトで開発されました。

 

 

「“和”って飲むソフトなまま」のネーミングでは、敢えて「割」という文字を使わず、調和・マリアージュを意味する「和」を充てています。

また、「なまま」=生(生乳)のフレッシュなイメージと、マリアージュするフレーバーをそのまま薄めずに和合させるという意味から「なまま」というネーミングに。

「ソフトクリーム」と「北海道産品(フレーバー)」をゆっくり和りながら、北海道どさんこプラザでしか味わえない新感覚ドリンク「“和”って飲むソフトなまま」を楽しめます☆

 

 

社内の度重なる試食会の結果、「“和”って飲むソフトなまま」の第1弾は“道民のソウルドリンク”「ヨーグルッペ」をフレーバーとして採用。

“道民のソウルドリンク”「ヨーグルッペ」とは、日高町〈北海道日高乳業〉が製造している、北海道の生乳に三種混合乳酸菌を使ったヨーグルトフレーバーの乳製品乳酸菌飲料。

マイルドな酸味とほどよい甘さが美味しい、北海道どさんこプラザでも人気の商品です。

“道民のソウルドリンク”「ヨーグルッペ」のマイルドな酸味が、ソフトクリームの優しい甘さに加わり、すっきりとした爽やかな味わいがクセになる1杯が誕生しました。

 

 

また、先行して北海道どさんこプラザ町田店のみ、旭川市〈高砂酒造〉大吟醸酒粕 国士無双あまざけを使用した「“和”って飲むソフトなまま」を販売中です。

大吟醸酒粕、北海道産ゆめぴりか、ビートオリゴ糖のみで作った優しい口当たりの甘酒。

この甘酒で和ることにより、ソフトクリームがより味わい深く感じられ、甘酒もソフトクリームも甘すぎないので後味爽やかな飲みやすい1杯を楽しめます。

今後、順次いろいろな商品(フレーバー)が仲間入りしていく予定です!

 

 

パッケージは、持ち運んでいていても机に置いていても、かわいらしく愛嬌のあるデザイン。

ソフトクリームのミルクや北海道を連想させ、牛の顔をモチーフにしています。

牛の耳の部分には切れ目がついており、折り曲げることで立ち上がる工夫も施し、見た目やカラーもSNS映えすることを意識しデザインされています。

カップ、ストローの素材は“紙”を採用。

また、カップはプラスチック製のふたが不要なバタフライカップを採用し、脱プラスチックに向けた配慮もされています。

 

ソフトクリームと北海道産品の組み合わせを楽しめる新感覚ドリンク。

北海道どさんこプラザ「“和”って飲むソフトなまま」の紹介でした☆

Copyright© Dtimes , 2022 All Rights Reserved.