フード

ご飯にあう料理のサブスクサービス!MOLATURA「ミシュランシェフのちょっと贅沢まかない便」

投稿日:

蓄熱調理土鍋“best pot(ベストポット)”を展開している「MOLATURA(モラトゥーラ)」

「MOLATURA(モラトゥーラ)」が、ミシュランガイド掲載店のシェフが調理した、ちょっと贅沢な料理が毎月定期配達されるサブスクリプションサービス「ミシュランシェフのちょっと贅沢まかない便」をスタート!

best pot(ベストポット)で炊いたご飯をもっと美味しく食べられるよう、ご飯にぴったりな料理が毎月月替りで届きます☆

 

MOLATURA「ミシュランシェフのちょっと贅沢まかない便」

 

 

価格:2人前3,300円(税込)~。

申し込み:専用サイト

 

おうちで贅沢に美味しい料理が食べたい方々へ向けたサブスクリプション「ミシュランシェフのちょっと贅沢まかない便」

蓄熱調理土鍋best pot(ベストポット)で炊いた美味しいごはんとミシュランガイド掲載店の一流シェフによって調理された贅沢な料理を家庭で楽しめるサービスです☆

「ミシュランシェフのちょっと贅沢まかない便」に加入すると、毎月月替わりで、ミシュランガイド掲載店のシェフが調理するbest pot(ベストポット)で炊いたご飯に合う料理が届きます。

「ミシュランシェフのちょっと贅沢まかない便」登録の方には、萬古焼産地の町工場が炊飯のために開発した「土鍋best pot(ベストポット)」の3ヵ月無料レンタルが可能で、使い続けたい方は全商品10%OFFで購入できる特典付きです☆

 

2022年8月に届く料理 Restaurant HOMMAGE(オマージュ)荒井シェフ『バジル香る夏野菜のラタトゥイユ、ガパオ風』

 

南フランスの郷土料理ラタトゥイユとタイ料理の定番ガパオをドッキング。

季節のフレッシュバジルを香らせて、ピーマン、ナス、ズッキーニ、トマト等の夏野菜をナンプラーとオイスターソースで仕上げています。

食欲落ちやすい季節にピッタリの一品です。

 

「ミシュランシェフのちょっと贅沢まかない便」協力シェフ

 

Restaurant HOMMAGE(オマージュ)荒井 昇シェフ

 

 

1974年、東京都生まれ。都内のレストランで修業を積み、24歳で渡仏。

パリ「オーベルジュ・デ・シーム」、南仏「オーベルジュ・ラ・フニエール」などの星付きレストランへ。

帰国後、26歳の若さで生まれ育った浅草に「HOMMAGE」をオープン。

江戸時代から長きにわたり、文化を発信し続けてきた伝統ある浅草で、日本ならでは、東京ならでは、自分自身ならではのフランス料理を発信しています。

2018年から5年連続でミシュラン2つ星を獲得。

 

O2(オーツー) 大津 光太郎シェフ

 

 

1982年東京都生まれ。

調理師学校を卒業後、「トゥーランドット游仙境」(横浜)、「トゥーランドット 臥龍居」(赤坂)などで15年間修業後、半年ほど「私厨房勇」で研修。

2018年3月、地元である東京・清澄白川で独立を果たしました。

2020年より3年連続でミシュランビブグルマンに選出。

 

贅沢料理×土鍋炊きで贅沢おうちごはん!

MOLATURAのサブスクサービス「ミシュランシェフのちょっと贅沢まかない便」の紹介でした☆

Copyright© Dtimes , 2022 All Rights Reserved.