イベント情報

夏休みの若者から司法・政治に興味のある大人まで対象!浜松復興記念館「10代のための裁判員入門」

投稿日:

夏休みの若者から司法・政治に興味のある大人まで参加できる裁判員制度の学習イベント「10代のための裁判員入門」が、静岡県浜松市にある浜松復興記念館にて8月20日(土)に無料開催!

イベント終了後はYouTubeで内容を視聴することができます。

 

浜松復興記念館「10代のための裁判員入門」

 

 

参加費:無料

開催日時:2022年8月20日(土) 13:30~15:30

会場:浜松復興記念館

アクセス:JR浜松駅北口 徒歩10分

定員:30名(コロナの状況によって、人数制限や無観客開催などもあります)

対象者:司法・政治・社会へ関心のある10代~大人まで幅広く

申込方法:予約不要

※感染症の状況によって、座席制限等を行う場合があります。当日、部屋を分けて実施するなどの措置が取られます。

 

「10代のための裁判員入門」内容

 

【第1部 刑事裁判の3つの呪いとその解決】

1 「誰を・何を」裁くのか?本質的には被告人でも犯罪でもありません!

2 「誰が・何を」証明するのか?証明する責任はこの人に!

3 有罪には何が必要か?本人が自白しても有罪になりません!

4 裁判員の選ばれ方・法廷で注目すべきこと・判決のルール

【第2部 バーチャル裁判員裁判開廷】

1 事件発生~その概要説明

2 自白と証拠物件の関係をチェック

3 新証拠が登場したら!?

4 判決に臨む

まとめ 刑事裁判は何のために・どう臨むべきか

 

裁判の正しい姿を知って、誤解などの「呪い」から解放されて欲しい、という動機のもと開催されるイベント。

2023年から、18才以上の高校生・大学生の若者が裁判員として法廷に臨むことになります。

高校生が「死刑判決」を下すことも起こりますが、日本の刑事裁判には深刻な誤解が存在することが今日問題となっています。

イベントでは、裁判員のための正しい「見方・考え方」をわかりやすく説明。

また、バーチャルミニ裁判の判決体験も用意されています。

「知らなかった!」という驚きとともに、さまざまな事件やニュースの見え方が変わります。

 

裁判員についての基礎的な知識を学べるイベント。

「10代のための裁判員入門」は、浜松復興記念館にて、2022年8月20日(土)に無料開催です!

Copyright© Dtimes , 2022 All Rights Reserved.