“ドリー”バージョンならではの新ルールも☆マテル・インターナショナル「UNO(ウノ) ファインディング・ドリー」



世界で最も愛されているカードゲームのひとつ「UNO(ウノ)」から映画『ファインディング・ドリー』とコラボレーションした「ウノ ファインディング・ドリー」が6月下旬より登場しました。

このたび新たに発売となる「ウノ ファインディング・ドリー」は、今年フルリニューアルし話題となった「白いワイルドカード」の『ファインディング・ドリー』スペシャルバーションです。

『ファインディング・ドリー』ならではの新ルールも入っている「UNO(ウノ) ファインディング・ドリー」を紹介します。

 

「UNO(ウノ) ファインディング・ドリー」

 

©Disney/Pixar

©Disney/Pixar

 

価格 1,200円(税込1,296円) 発売日 2016年6月下旬より順次発売 対象年齢 7歳以上 サイズ(cm): W9.4×D1.9×H14.6 販売場所 全国の取扱販売店、オンラインストア

1971年に誕生した「UNO(ウノ)」は、今年3月で発売45周年を迎え、新たなカード「白いワイルドカード」を追加し、発売以来初めてのルール変更を行いました。

今回の「ウノ ファインディング・ドリー」は、そんな「白いワイルドカード」の『ファインディング・ドリー』スぺシャルバージョンです。

 

©Disney/Pixar

©Disney/Pixar

 

絵柄には『ファインディング・ドリー』に登場する”ニモ”や”ドリー”、新キャラクターの”ハンク”や”デスティニー”などがデザインされています。

また、「ファインディング・ドリースペシャルルール」では、「ホワイトドリー」と「いつまでもドリー」のカードも収録。

それぞれのカードの効果を紹介します。

 

「ホワイトドリー」追加(1箱に2枚)

 

©Disney/Pixar

©Disney/Pixar

 

自分だけの好きなルールを書き込めるカードです。

鉛筆で書き込めば、何度でも使えます。

 

「いつまでもドリー」(1箱に2枚)

 

©Disney/Pixar

©Disney/Pixar

 

このカードを出せば、好きな色を宣言できるだけでなく、引き札の山から 青いカードが出るまでカードを次の人に引かせることができます。

また、次の人は手持ちのカードを捨てられず、その次の人に順番が移ります。

 

『ファインディング・ドリー』バージョンならではの新ルールで盛り上がる「ウノ ファインディング・ドリー」

「ウノ ファインディング・ドリー」は、全国の取扱販売店、オンラインストアで、現在発売中です。



関連記事

ページ上部へ戻る