イベント情報

ピクサー作品がもっと好きになる!東京都現代美術館で開催中の「スタジオ設立30周年記念 ピクサー展」徹底レポート

更新日:

2016年3月5日(土)~5月29日(日)の期間、東京都現代美術館において「スタジオ設立30周年記念ピクサー展」が開催。

 

DSC_0524

 

東京都現代美術館で開催中の「スタジオ設立30周年記念ピクサー展」

「スタジオ設立30周年記念 ピクサー展」
会期:2016年3月5日(土)から5月29日(日)
開館時間:10:00~18:00(入場は閉館の30分前まで)
休館日:月曜日および3月22日(火)
※3月21日(月・祝)、5月2日(月)、5月23日(月)は開館

会場:東京都現代美術館

入場料金(当日券)
一般:1,500円/大学生・高校生:1,000円/小・中学生:500円/未就学児:無料
※20名様以上の団体購入は当日券料金から2割引(東京都現代美術館で購入の場合のみ)
※身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方と、その付き添いの方(2名まで)は無料
※3月16日(水)、4月20日(水)、5月18日(水)はシルバーデーにより65歳以上の方は無料(年齢を証明できるものが必要)
※本展チケットで「MOTコレクション」(常設展)も鑑賞可

 

「スタジオ設立30周年記念ピクサー展」とは

世界初フルCG長編アニメーション映画「トイ・ストーリー」や「モンスターズ・インク」などを生み出したピクサー・アニメーション・スタジオ。

ピクサーが今まで生み出してきた魅力あふれる作品の制作の過程で生み出されたアートワークを展示するピクサー展は、2005年にニューヨークの現代美術館でスタートし、世界巡回展として様々な国を回りました。

そんなピクサーの設立30周年である今年、それを記念した作品に加え、世界初公開作品も追加し、東京で約500点の作品が展示されます。

 

1.イントロダクション

入って最初に始まるのは「イントロダクション」と銘打たれたエリアで、「ルクソーJr.」が展示されています。

「スタジオ設立30周年記念ピクサー展」

「ルクソーJr.」はピクサー映画のオープニングで有名なスタンドライトのキャラクターが登場する短編アニメーション作品。このアートワークでは、どのような軌道で飛び跳ねているのかを描かれています。

「ランプとボール」  製作・デザイン:ネフタリ・アルヴァレス/3D プリント:キャロル・ワン/ポージング:ウォーレン・トレゼヴァント

「ランプとボール」 
制作・デザイン:ネフタリ・アルヴァレス/3D プリント:キャロル・ワン/ポージング:ウォーレン・トレゼヴァント

ピクサー作品には必ず登場している星のついたボールも模型として展示。

また、ピクサーの先駆け、ルーカスフィルムのコンピューターアニメーション部門時代に制作された作品「アンドレとウォーリーB.の冒険」のアートも見ることができます。

「ウォーリーB.とアンドレ」 ジョン・ラセター

「ウォーリーB.とアンドレ」
ジョン・ラセター

ピクサーの歴史を語る上では外せない作品「アンドレとウォーリーB.の冒険」のアートワークを見ることができる貴重な機会です。

イントロダクションではピクサーのこれまでの歴史を年表にまとめたものも飾られています。

「スタジオ設立30周年記念ピクサー展」

この細かな歴史を知ることができるのは、ピクサー展ならでは。

この年表を過ぎるとこれからピクサーが創り出したアニメーションの世界へ。

「スタジオ設立30周年記念ピクサー展」

「芸術はテクノロジーの限界に挑み、テクノロジーは芸術にひらめきを与える」というチーフ・クリエイティブ・オフィサーのジョン・ラセター氏の言葉が大きく描かれたアートを目にします。

最新のテクノロジーを追求し、そして人々に感動を与えてきたピクサー。

「スタジオ設立30周年記念ピクサー展」

その根底にある心を感じることができる言葉が並んでいます。

2.『トイ・ストーリー』3部作

この展示会で最初に紹介される長編アニメーション作品は「トイ・ストーリー」3部作。

 「スタジオ設立30周年記念ピクサー展」 「トイ・ストーリー」三部作

「トイ・ストーリー」は1995年に世界初の長編フルCGアニメーション作品として生み出された「もしもおもちゃたちが動いたら」を描いた作品。

DSC_1808

ピクサーの名前を世界に轟かせた記念すべき第一作で、公開から20年以上たつ現在でも世界中から愛されています。

「アンディとウッディ」  トム・ゲイトリー

「アンディとウッディ」 トム・ゲイトリー

この作品の名場面をアートワークと振り返りつつ、コンセプトと公開された映画の違いなども発見できました。

「ウッディとバズ」  ボブ・ポーリー

「ウッディとバズ」 ボブ・ポーリー

「トイ・ストーリー」の3部作のアートがそれぞれ飾ってありますよ。

「ビートボード:さよなら、アンディ」  ロバート・コンドウ(レイアウト:ジェイソン・カッツ、ジョン・サンフォード)

「ビートボード:さよなら、アンディ」 ロバート・コンドウ(レイアウト:ジェイソン・カッツ、ジョン・サンフォード)

3.トイ・ストーリー ゾートロープ

世界巡回展のために特別に作られた大型のインスタレーションである「トイ・ストーリー ゾートローブ」もお目見え。

「ゾートロープ」 クリエイティブリーダー:J・ウォーレン・トレゼヴァン テクニカルリーダー:ローレン・カーペンター マケットリーダー:マイク・クラムホーフェナー、グイド・クアローニ、ダン・メイソン、ネフタリ・アルヴァレス、ゲイリー・シュルツ、マシュー・マーティン、デヴィット・ディフランチェスコ、クレイグ・アダムス、ポール・マカフィー、デヴィッド・アール・スミス

「トイ・ストーリー ゾートロープ」 クリエイティブリーダー:J・ウォーレン・トレゼヴァン
テクニカルリーダー:ローレン・カーペンター
マケットリーダー:マイク・クラムホーフェナー、グイド・クアローニ、ダン・メイソン、ネフタリ・アルヴァレス、ゲイリー・シュルツ、マシュー・マーティン、デヴィット・ディフランチェスコ、クレイグ・アダムス、ポール・マカフィー、デヴィッド・アール・スミス

「トイ・ストーリー ゾートロープ」は、円盤の上に少しずつポーズを変えてあるキャラクターを設置し、高速回転させながら断続的に光で照らすことで、本当に動いているかのように見える作品です。

「ゾートロープ」 クリエイティブリーダー:J・ウォーレン・トレゼヴァン テクニカルリーダー:ローレン・カーペンター マケットリーダー:マイク・クラムホーフェナー、グイド・クアローニ、ダン・メイソン、ネフタリ・アルヴァレス、ゲイリー・シュルツ、マシュー・マーティン、デヴィット・ディフランチェスコ、クレイグ・アダムス、ポール・マカフィー、デヴィッド・アール・スミス

「トイ・ストーリー ゾートロープ」 クリエイティブリーダー:J・ウォーレン・トレゼヴァン
テクニカルリーダー:ローレン・カーペンター
マケットリーダー:マイク・クラムホーフェナー、グイド・クアローニ、ダン・メイソン、ネフタリ・アルヴァレス、ゲイリー・シュルツ、マシュー・マーティン、デヴィット・ディフランチェスコ、クレイグ・アダムス、ポール・マカフィー、デヴィッド・アール・スミス

この作品は「三鷹の森ジブリ美術館」にある「トトロピョンピョン」からインスピレーションを受けた作品として紹介されています。

ジブリの宮崎駿氏とジョン・ラセター氏は深い交友があることで有名です。

4.ピクサー映画ができるまで

続いてはピクサーの映画ができるまでの制作過程を学ぶことができるエリアへ!

 「スタジオ設立30周年記念 ピクサー展」 ピクサー映画ができるまで

脚本、ストーリーボード、デジタル・ストーリーボードなどいくつもの工程に分けて、ピクサーの作品作りを紹介。

 「スタジオ設立30周年記念 ピクサー展」 ピクサー映画ができるまで

貴重なアートワークと共に説明をしてくれます。

DSC_0677

ピクサーが魅力的な作品を生み出していけるのは、技術スタッフの力だけではありません。

魅力的な作品を生み出すために、アーティストやデザイナーが手書きのアートや彫刻、デジタルペインティングを作り上げ、その作品をより深みのあるものにしていくのです。

 「スタジオ設立30周年記念 ピクサー展」 ピクサー映画ができるまで

5.ショートフィルム

続いてはピクサーのショートフィルム作品。

 「スタジオ設立30周年記念 ピクサー展」 ショートフィルム

「フォー・ザ・バーズ」から最新作の「ボクのスーパーチーム」までアートワークが公開されています。

「ストーリーボード」 ラルフ・エッグルストン

「ストーリーボード」 ラルフ・エッグルストン

短い作品にもしっかりとアートワークを作り、制作しています。

「プリプロダクション段階でのスケッチ」 ラルフ・エッグルストン

「プリプロダクション段階でのスケッチ」 ラルフ・エッグルストン

 

ピクサー展では実際にショートフィルム作品を見ることができます。

 「スタジオ設立30周年記念 ピクサー展」 ショートフィルム

シアター1では「レッズ・ドリーム」、「ティン・トイ」、「ニックナック」の3作品が公開。

 「スタジオ設立30周年記念 ピクサー展」 ショートフィルム

シアター2では期間ごとに公開作品を変えて、公開しています。

 「スタジオ設立30周年記念 ピクサー展」 ショートフィルム

4月3日までは「ゲーリーじいさんのチェス」、「フォー・ザ・バーズ」、「バウディン」、「ワン・マン・バンド」の4作品が上映されています。

6.アートスケープ

ショートフィルム作品の次はアートスケープと呼ばれる作品展示へ。

アートスケープ (2)

アートスケープとは、平面で描かれたアートワークをデジタル技術で動きを感じる動画へと変換。

アートスケープ (4)

10メートルにも及ぶ大型のスクリーンでその世界を体感できるので、本当にアニメーションの世界に入ってしまったような感覚に陥ります。

7.長編映画のマスターピース

ピクサーは「トイ・ストーリー」以外にもたくさんの作品を生み出しています。その作品毎に貴重なアートワークを展示しているのが続いてのコーナーです。

『バグズ・ライフ』

「バグズ・ライフ」は1998年に公開された虫たちを描いた作品。

「スタジオ設立30周年記念ピクサー展」  長編映画のマスターピース 『バグズ・ライフ』

主人公のフリックのアートやアッタ姫の模型、またたくさん出てくる
アリたちのアートなども展示されています。

「スタジオ設立30周年記念ピクサー展」  長編映画のマスターピース 『バグズ・ライフ』

「アッタ姫」 ノーム・デカルロ

「アッタ姫」 ノーム・デカルロ

『モンスターズ・インク』/『モンスターズ・ユニバーシティ』

2001年公開の「モンスター・インク」はモンスター・シティの電力会社に勤めるサリーとマイクのモンスターコンビを描いた作品。

「スタジオ設立30周年記念ピクサー展」  長編映画のマスターピース 『モンスターズ・インク』/『モンスターズ・ユニバーシティ』

リアルなサリーやブーの模型も飾られています。

「サリー」 ジェローム・ランフト 

「サリー」 ジェローム・ランフト

「ブー」 ジェローム・ランフト

「ブー」 ジェローム・ランフト

ブーのアートワークを見ると、実際に映画に登場した姿とは全く違いました!

(左)「ブー」 ジル・カルトン (中)「ブー」 リッキー・ニエルヴァ (右)「ブー」 リッキー・ニエルヴァ

(左)「ブー」 ジル・カルトン (中)「ブー」 リッキー・ニエルヴァ (右)「ブー」 リッキー・ニエルヴァ

さまざまな姿のキャラクターが描かれ、本編に登場する姿へと少しずつ変化していくんですね。

「モンスターズ・インク」の続編映画「モンスターズ・ユニバーシティ」のアートワークももちろん展示。

「モーメントペインティング:退学」 堤大介

「モーメントペインティング:退学」 堤大介

タッチの違う絵で描かれたアートはとても深い味を感じます。

『ファインディング・ニモ』

2003年公開の「ファインディング・ニモ」は、離れ離れになった息子を探す魚の親子の物語。

「スタジオ設立30周年記念ピクサー展」  長編映画のマスターピース 『ファインディング・ニモ』

広々とした海の世界を描いているこの作品に登場する海の仲間たちのアートやフィギュアをたくさん目にすることができます。

「スタジオ設立30周年記念ピクサー展」  長編映画のマスターピース 『ファインディング・ニモ』

「ニモ」 ダン・リー

「ニモ」 ダン・リー

『Mr.インクレディブル』

2004年公開の「Mr.インクレディブル」はスーパーパワーを持つ家族を描いた作品。

「スタジオ設立30周年記念ピクサー展」  長編映画のマスターピース 『Mr.インクレディブル』

Mr.インクレディブルことボブのコンセプトアートやママのヘレン・パーの立体的な模型が展示。

(上)「ボブ」 トニー・フシール (下)「ボブ:色彩の習作」トニー・フシール(ブリン・イマギレによる彩色)

(上)「ボブ」 トニー・フシール (下)「ボブ:色彩の習作」トニー・フシール(ブリン・イマギレによる彩色)

「イラスティガール」 作者複数

「イラスティガール」 作者複数

このリアルな模型作りがアニメーション作品の基礎になります。

くすっと笑ってしまうようなアートワークもありましたよ。

「Mr.インクレディブルのギャグ」 テディ・ニュートン

「Mr.インクレディブルのギャグ」 テディ・ニュートン

『カーズ』/『カーズ2』

2006年に公開された「カーズ」は車の世界を描いた作品。

「スタジオ設立30周年記念ピクサー展」  長編映画のマスターピース 『カーズ』/『カーズ2』 (3)

レーシングカーのライトニング・マックィーンがルート66に迷い込むところからこの物語はスタートしました。

美しい風景もしっかりと描かれ、展示されています。

「キャデラック山脈」 ビル・コーン

「キャデラック山脈」 ビル・コーン

ホラ吹きだけど憎めないメーターの作品も!

「メーター」 ジェローム・ランフト

「メーター」 ジェローム・ランフト

動きのあるフィギュアで、かわいらしさも感じられますね。

『レミーのおいしいレストラン』

2007年公開の「レミーのおいしいレストラン」。天才的な料理の才能のあるネズミと凡才なリングイニが出会う作品。

「スタジオ設立30周年記念ピクサー展」  長編映画のマスターピース 『レミーのおいしいレストラン』

この作品展示には3D プリントで作られたレミーの姿も。

「瓶の中のレミー」 キャロル・ワンによる3D プリント

「瓶の中のレミー」 キャロル・ワンによる3D プリント

映画序盤で見られた瓶に入ったレミー。悲しそうなこの表情が再現されています・

「カラースクリプトの習作:ラタトゥイユを作るレミー」 ハーレイ・ジェサップ(レイアウト:エンリコ・カサローザ)

「カラースクリプトの習作:ラタトゥイユを作るレミー」 ハーレイ・ジェサップ(レイアウト:エンリコ・カサローザ)

ラタトゥイユを作るレミーを描いた絵や兄弟を描いた作品も展示。

『WALL・E/ウォーリー』

2008年公開の「WALL・E/ウォーリー」。

DSC_2753

単語しか喋れないロボット「ウォーリー」のフィギュアやアクシオム号のアートワークなど、ロボットに関する作品が多く展示されていました。

「ウォーリー」 3Dプリント:キャロル・ワン/彩色:ネフタリ・アルヴァレス

「ウォーリー」 3Dプリント:キャロル・ワン/彩色:ネフタリ・アルヴァレス

「カラースクリプト」 ラルフ・エッグルストン

「カラースクリプト」 ラルフ・エッグルストン

 

『カールじいさんの空飛ぶ家』

2009年公開の「カールじいさんの空飛ぶ家」。

「スタジオ設立30周年記念ピクサー展」  長編映画のマスターピース 『カールじいさんの空飛ぶ家』

カールじいさんと妻エリーの生涯が描かれたアートなど映画の感動が蘇ります。

「カール」 ルー・ロマーノ

「カール」 ルー・ロマーノ

「青春時代のエリーとカール」  ダニエル・ロペス・ムニョス

「青春時代のエリーとカール」  ダニエル・ロペス・ムニョス

『メリダとおそろしの森』

2012年公開の「メリダとおそろしの森」はスコットランドを舞台にしたピクサー初の女性が主人公の作品。

「スタジオ設立30周年記念ピクサー展」  長編映画のマスターピース 『メリダとおそろしの森』

メリダの力強さを感じられる魅力的な作品が満載です。

「メリダ」 グレッグ・ダイクストラ

「メリダ」 グレッグ・ダイクストラ

「氷穴」 スティーブ・ピルチャー

「氷穴」 スティーブ・ピルチャー

『インサイド・ヘッド』

頭の中にいる感情達を主人公にした2015年公開の「インサイド・ヘッド」。

「スタジオ設立30周年記念ピクサー展」  長編映画のマスターピース 『インサイド・ヘッド』

誰も見たことの頭の中をアートで表現し、不思議な世界観で溢れています。

「ヨロコビ」 ジェローム・ランフト

「ヨロコビ」 ジェローム・ランフト

「心の世界」 ラルフ・エッグルストン

「心の世界」 ラルフ・エッグルストン

『アーロと少年』

現在公開中の最新ピクサー映画「アーロと少年」からの作品も展示されています。

DSC_2001

もしも恐竜が絶滅していなかったらをテーマに描いたこの作品で登場する農場や、恐竜のアーロと少年スポットの抱き合うシーンなど、見逃せないアートばかり。

「農園」 ノア・クロチェク

「農園」 ノア・クロチェク

この作品たちを見た後に作品を見れば、より映画を楽しめるはず。

「スポットとアーロ」 ピーター・ソーン

「スポットとアーロ」 ピーター・ソーン

ピクサーがアニメーション制作で大切にしていることは「ストーリー」、「キャラクター」、「世界観」。そんな3つのキーワードが感じられるこの展示会は、ぜひとも訪れてほしい展示です。

7月27日(水)~9月8日(木)まで、長崎県美術館でもこのイベントの開催が決定しています。

ぜひとも生でピクサーのアートワークの世界観を感じてくださいね。

「スタジオ設立30周年記念 ピクサー展」長崎会場概要
会期:2016年7月27日(水)~9月8日(木)※ただし8月8日(月)は休館
会場:長崎県美術館 2階企画展示室
開館時間:10:00~20:00(入館は19:30まで)
料金:一般1400円/高校・大学生1000円/小・中学生500円
※前売り券は公式サイトなどで順次発表

©Disney/Pixar

-イベント情報

Copyright© Dtimes , 2017 All Rights Reserved.