アースラの娘も登場!ディズニーチャンネル「ディセンダント2」

ディズニー・チャンネル「ディセンダント2」


全国のケーブルテレビおよびBS・CS放送などで放送中の「ディズニー・チャンネル」が、「ディセンダント」の続編「ディセンダント2」(仮題)の制作が正式に決定し、2017年にアメリカのディズニー・チャンネルで放送することを発表しました。

「ディセンダント」はディズニーヴィランズ(ディズニーの悪役たち)の子どもたちが主人公のディズニー・チャンネル・オリジナル・ムービー。

そんな「ディセンダント2」を紹介していきます。

 

ディズニー・チャンネル「ディセンダント2」

 

ディズニー・チャンネル「ディセンダント2」

©Disney

 

「ディセンダント」は英語で“子孫”を意味し、そのタイトル通りに、“もしディズニー・キャラクターに子孫がいて、10代だったら?”という発想から誕生したオリジナル作品です。

舞台はプリンセスやヒーロー、そして悪役たち親子が暮らすオラドン王国。

『眠れる森の美女』の悪役”マレフィセント”の娘で、主人公である”マル”や、”イーヴィル・クイーン(王妃)”の娘”イヴィ”など、悪名高き親を持つ子どもたちの心の成長や友情、自分探しがテーマとして描かれました。

初回放送は、2015年の全米ケーブルテレビの映画ランキングの第1位を記録し、全米ケーブルテレビのオリジナル映画の視聴者数では歴代5位を記録するなど、驚異的な数字を記録した大ヒット作品です。

 

その続編となる「ディセンダント2」の発表は、ディズニー・チャンネル ワールドワイドの社長兼チーフ・クリエイティブ・オフィサーのゲイリー・マーシュ氏が明かしたもの。

ゲイリー氏は「全く新しいレベルでの驚きとミステリーが明らかになる」と制作への期待を語りました。

 

注目のキャストは、主人公の”マル”を演じたダヴ・キャメロンをはじめ、ディズニーヴィランズの子どもたちを演じたキャメロン・ボイス、ソフィア・カーソン、ブーブー・スチュワート、そして王子”ベン”役のミッチェル・ホープの続投が決定。

また、エグゼクティブ・プロデューサー兼監督は、「ハイスクール・ミュージカル」シリーズで全米ティーンを魅了して、プライムタイム・エミー賞に輝き、前作「ディセンダント」を手掛けたケニー・オルテガ氏が務めます。

 

アースラの娘が新キャラクターとして登場

 

さらに今回、新たにディズニーの名作「リトル・マーメイド」の悪役”アースラ”の娘が登場することが発表されました。

 

ディズニー・チャンネル「ディセンダント2」

チャイナ・アン・マックレーン ©Disney

 

“アースラ”の娘役は、ディズニー・チャンネルの「天才学級アント・ファーム」に主演する人気女優チャイナ・アン・マックレーンになることも明かされています。

「ディセンダント2」(仮題)の日本での放送については、決定次第発表されます。



関連記事

ページ上部へ戻る